Article

        

恋愛を長続きさせるコツ(LINE)

2018/ 04/ 27
                 

彼氏、彼女とどのくらいの頻度でやりとりをしていますか?

付き合う中で、連絡のやりとりは重要。

・行動パターン
・性格

上記の事が分かります。

ですがこのやり取り、

甘く考えていると関係を悪化させる事にも繋がります。

なので今回は、LINEのやり取りで失敗しない方法をご紹介。

まずは、


・中身のない話はしない

「今暇です」とか「お腹痛い」
この様に
どんな返信が欲しいのかわからない
相手はこの様に感じてしまう可能性がある事から
「めんどくさ・・」
と感じてしまう恐れあり!
「今暇だけど電話してもいいかね?」とか「食べすぎてお腹痛いわ〜デブだ〜」
この様に回答が分かりやすい事とボキャブラリーを挟む事で、相手も返答に困る事は少なくなります。
この二つは賛否両論あると思いますが、私はこんなお茶目な彼女欲しいです( ͡° ͜ʖ ͡°)



・LINEで喧嘩をしない

付き合っていると喧嘩はしてしまいますよね。
でもLINEでの喧嘩はオススメしません。
何故なら、
相手の感情が見えないからなのです
文のみで喧嘩をしてしまうと必ず誤解が生まれます。
喧嘩が始まる流れとなったら必ず
直接合って話し合う
こちらを強くオススメ致します。
もし「会いたくない!」
この様に言われてしまいましたら、少し時間を置いて相手の熱を冷ましましょう。
LINEでの喧嘩は良いことホントないです・・



・強要しない

これが一番重要かも。
「なんで返信遅いの?」とか「既読スルーとかおかしくない?」
この様に相手を責めていませんか?
LINEでは相手を思いやる気持ちが大切なのです。
送るタイミングや内容を強要しすぎてしまうと、相手にかかるストレスはかなりのもの。
相手を信用していないことにも繋がります。
ここは我慢して、相手のペースに合わせてあげましょう。



・文が長い

これ。恋愛経験が少ない人はやりがち。
私の友人からよく相談を受けていました。
たまーに論文の様に長い文章送ってくる人いますよね?
いやいや、分けて送ろうよ・・・
あまり長い文章を一気に送ることで
返信がめんどくさい
この様に感じてしまうのです。
なので、もし聞きたいことが沢山ある時は
会った時に聞くか、何通かに分ける
これです。
短文であれば、少しの休憩時間にでも返信が出来ますよね?
論文だとしっかり読まなきゃいけないめんどくささと文章の作成に時間がかかる
まるで課題
気をつけていきましょう。



・一方的にラブラブした文やスタンプを送る

相手に対して感情が強くなってしまった時に送りがち。
ですがこれ、相手がそうでもなかったらどうでしょう?
「なんかめんどくさいな」「はいはいわかりました」
こんな冷たい感情になってもおかしくはない
LINEなんかで愛情表現なんかしないで直接合った時にしっかりとしていきましょう。
一方的にラブラブし過ぎることで、あなた自身の価値を下げるきっかけにもなりますからね。



・短文でのLINEを心がける

例えば、
「今暇?」→「暇だね」→「なんか食べいこ」→「行く」→「今から向かう」→「りょす」
こんな感じ
見て分かる通り、なんとも軽快なやり取り
これではストレス溜まる暇もない。
おそらく世の男性のほとんどがこの様な軽快なLINEを望んでいるはず(賛否両論あると思うが)
一見冷たい様なLINE。
ですがこれはお互いの信頼関係がしっかりとあることからこの様なやり取りが出来るのです。
友人の様なやり取りが理想ですね。
相手のことを気にしずぎると余計な文が多くなってしまいがちなのです。
この様な関係になれれば安泰ですよホント。




以上となります。

たかが連絡ツールの一つですが、使い方を間違えると関係性の悪化となります。
LINEに気を取られすぎず、しっかりと相手を思いやる気持ちを忘れずに、ラブラブしていきましょうね٩( 'ω' )و




couple-1210023__340.jpg



スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント