FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

                         
                                  
        

彼氏とケンカをしてしまった時に気をつける事

2018/ 06/ 22
                 
恋愛の中でケンカや言い争いは付き物。

きっと経験があるかと思う。

中にはケンカもせずにずっと仲の良い関係性もあると思うが、それは滅多に無い事。

一人の人間が一人の人間とずっと一緒にいる事で、関係性に

慣れが出てきてしまうのだ。

だから時々言いたい事も言うし、相手がその事を理解してくれない事で言い争いになってしまう。

ただ、ケンカが多いからといって決して仲が悪い事には繋がらない。

私には結婚をしてから頻繁にケンカをしてしまう友人がいる。

実際に会ってみると、普通の夫婦よりも仲が良いことがわかった。

なので、


普段からコミュニケーションを取りすぎているいい関係だからこそケンカが多い


この事が分かる。

”ケンカするほど仲が良い”とはこの事から来ているのだろうと思った。

そんな中で、ケンカをしても良いがこれは気をつけたほうがいいと思う事がある。

これは女性に発信していきたい事なのだが、


自分の言いたい事をマシンガンの様に言わない事


これは本当に気をつけて頂きたいと思う。

女性は普段から男性よりも数倍おしゃべりをする事がデータだ取れている。

この事から、


”女性は言葉のプロ”


私は普段からこの様に思っている。

なので、

「これを伝えれば当然分かってくれる」

「これを言えば納得してくれる」

こう思ってバンバン発言した結果、男の思考回路はどの様になっていると思うか?

それは、


既に思考停止状態・・・・


女性の経験の中で、ケンカをした時に男性がなにも言わなくなった事はないだろうか?

「なによ!急に黙って!私のことなんかどうでもいいんでしょ!?」

この様に発言したことがあるかもしれない。

でも男性は決してどうでもいいなんて思ってはいない。

ただ、


発言の速さについていけてないだけなのだ


だから、

「私はこう思ってるけどあなたはどう?」

この様に一つ発言したら最低でも、

1分は待つ!

これをすればきっと彼も話についていけることが出来、大ゲンカを防げる事に繋がる。


ケンカをすることは良いことだが、やり過ぎもほどほどに。

また、相手の気持ちを労わることは忘れずに。




couple-1210023__340.jpg





スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。