FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

                         
                                  
        

男として生きるならテストステロンを増やそう

2018/ 07/ 02
                 

「最近なんだかやる気が起きない・・・」

「髪の毛のボリュームが気になってきた・・・」

「なんだか性欲もなくなってきたような・・・」


こんなぼやきをしてしまっている方、周りに結構いらっしゃるのではないでしょうか?

これら全て一括で解決出来る方法があるのなら、もちろん男としては是非とも知りたい情報だと思います。

その気になる方法とは、



テストステロンを増やす



これが欠かせないのです。

「そもそもテストステロンとはなんぞや?」

と、疑問を抱えていると思いますのでざっくりと説明致します。



テストステロンとは、”男性ホルモンの一種”。このホルモンは一般的に30歳ぐらいから減少が始まります。日頃どのような過ごし方をしてきたかで減少率が変わることから、70歳になっても30歳ごろのテストステロン値を持つ方もいらっしゃるのだとか。


簡単にまとめると、


モテる要素としては欠かせないホルモン!



sexy-3069156__340.jpg




私はこう言いきれます。


では、テストステロン値が高まるとどのようなメリットがあるのか説明したいと思います。



テストステロン値上昇のメリット


・記憶力が向上し、仕事や勉強がはかどる

・物事を的確に捉えることが出来るので、ポジティブ思考になる

・生殖機能が向上し、性欲が向上する

・抗糖尿病、抗肥満作用があり、生活習慣病の予防になる

・骨格、筋肉、髪の発達



このように、男性にとってなくてはならない要素がてんこ盛りなのです。

なので、

「もっと男らしくなりたい!」

「髪の悩みをなんとかしたい!」

「彼女を作りたい!」

「仕事で功績を出したい!」

こう思っている方は是非、テストステロン値を高めていきましょう。

それではここから、テストステロン値を高める方法をご説明していきます。



stomach-2437892__340.jpg




■テストステロン値を高める方法


1、睡眠

よく眠ることが大切。

しっかりと睡眠をとることで、ストレスや疲労が解消され、テストステロン値は高くなる。

ぐっすり眠るには日々規則正しい生活を心がけることが必要だ。

寝る前のお風呂ではあまり湯船に浸かりすぎず、寝る頃には体を熱くしすぎないことが重要。

体がちょうどよい温度になってきた時に眠気は来るので、もしお風呂に上がってからすぐ寝たいと思うのであればシャワーという選択肢もありだ。

とにかくしっかりと寝れることを最優先に考えよう。



2、運動

筋トレをすることでテストステロン値が高くなることが確認されている。

これは筋トレのみというわけではない。

有酸素運動である”ジョギング”なんかも効果的なのだ。

なので、日頃から10㎞以上歩いていたり運動を心がけている人はテストステロン値が高いと言える。

ちなみに、太るとテストステロン値は低くなるので、運動は欠かせないと言える。

デブでテストステロン値が低いなんてそれはモテないだろう。

身体を動かす習慣をつけよう。



3、食事

たんぱく質をしっかり摂取することでテストステロン値は高まる。

また、タマネギ、ニンニク、カキ、亜鉛なんかもかなり効果的だ。

日頃に何を食べるかで劇的に容姿や思考が変化するとなれば意識してこれらを食べよう。

意外だが、タマネギに関してはケルセチンという成分が含まれており、悪玉テストステロンの排出も抑えてくれる。

タマネギは毎日2分の1個でも構わないので進んで摂取しよう。



4、友人と会う

これに関しては、ストレスを感じずに会話が弾む関係性であれば誰でもいい。

その会話からストレスは解消され、テストステロン値は高まるのだ。

一人でふさぎこんでいるとストレスが溜まる一方で、なんだか冴えない日常を感じることだろう。

だが、気の合う友人と会話をすることで、日頃溜まっているストレスが解消されるのだ。

ただ、深酒は逆にテストステロン値を下げてしまうので注意が必要だ。



5、オナキンをする(オナニー禁止)

これは何故ダメなのか?

説明すると、実は精子の大部分はタンパク質で構成されているからなのだ。

そんな貴重な成分を毎日出していたらどうゆうことが起きるか?

テストステロン値は下がるどころか、爪、髪の毛などの部分にタンパク質が行き渡らないのだ。

しかし、オナキンをしすぎるのもデメリットはある。

それは、性欲が逆に無くなるのだ。

なので、一番ベストな射精の期間としては、”7日に一回”これがベストだと言える。

この期間であればテストステロン値も下がらず、良いことずくめなのだ。

頻繁にしすぎるとハゲる一方なので、これは本当に気をつけよう!




以上がテストステロン値を効率的に高める方法となります。

魅力ある男性として生きるのであれば、テストステロン値との関係性は大切にして頂きたい。

今回の記事を参考に、一人でも多く自信あふれる素敵な男性になれることを願います!



street-workout-2628906__340.jpg

スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。